iPhone|着信画面を写真以外で使う応用テクニック!

今回は、iPhoneでの着信時の応用テクニックを紹介したいと思います。

 

この人誰だっけ?

仕事や合コンなどで、氏名と電話番号が増えすぎて困っている人が多いと思います。
「あれ?これ誰だっけ」と思い出せない方も多々。

自分でかけるときは、メモなどにその人の特徴や、どこでお目にかかったかなどを見てから通話することが出来ます。

ただ、問題はかかってきたとき、着信時です!

「何となくしか、覚えてない!」
「仕事関係の偉い人だったら、どうしよう?」

など、不安がつきまとう方がいると思います。
そう言う時に、下記のテクニックを使ってください!

 

写真を一工夫

iPhoneでは、連絡先に『写真を追加』というものが付いています。
本来は、顔の写真を入れるところですが、ここに、上記のようなメモ書きを作って、追加すれば良いのです。

そうすれば、どこで会ったか、どんな人だったかを思い出せるきっかけになります!

ちなみに、上の画像はわざわざMacの『Photoshop』で作り、JPEGで書き出し、Macの『連絡先』アプリから、追加しています。
かなり手が込んでいますw

 

もっと手軽に

ここまで作るのが大変という方は、名刺に特徴などを書き込み、名刺を写真に撮って、iPhoneの『連絡先』の『写真を追加』に、設定すれば良いわけです。
合コンなどで、名刺が無い場合は、メモ紙でもOKですよね!

これで人間関係が多い人は、かなりの割合で「誰この人?」が防げると思いますw
実は私は、人の名前や顔を覚えるのが苦手で、こう言うテクニックを思いつきました!
これを使うようになってから、数年ぶりにかかってくる人も、何とか話しを繋げるようになりましたw

また、メモを追加して、画像を更新していけば、情報がドンドンたまり、いつ会ったかや、仕事内容まで詳しく着信時に見ることができます!
ちょっとした工夫ですねw

と言うことで、今回は「着信画面を写真以外で使う応用テクニック!」のお話しでした。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です