Mac|バックアップ・TimeMachineの暗号化は時間がかかる

Macを使う上で、超便利な機能がバックアップを自動で取ってくれる『TimeMachine』です。

 

TimeMachineは非常に便利!

外付けハードディスクに1時間に一度、差分をバックアップしてくれ、Macが万が一クラッシュした場合でも、出来る限り最新の状態に戻すことができます。

この便利な機能を使う上で、一つ気をつけたいのが、外付けハードディスクの盗難です。

もし盗難された場合、中身がまる見えで、丸ごとMacの中身を持って行かれてしまいます。
プライバシーどころの話しではありません!
簡単に中身を見ることができてしまうのです。

これを防ぐのが『暗号化』です。

実に簡単に設定できますので、TimeMachineの暗号化を紹介します。

 

暗号化しよう!

『システム環境』→『TimeMachine』を選択します。
そして、外付けハードディスクを選択します。

その時に見過ごしがちなのが、下記の項目。
バックアップを暗号化』です。

ここに、必ずチェックを入れることを忘れないでください。

その後、パスワードを設定します。
このパスワードは、外付けハードディスクを繋ぐときのパスワードで、Macを起動する度に入力する必要があります。
少々面倒ですが、命綱になりますので、毎回、必ず入力しましょう。

 

とにかく時間がかかります!

そして、初回のバックアップです。
これは、容量のあるなしで、一晩かかることもあれば、数日かかることもあります。
電源を切らず、ひたすら待ち続けましょう。

次にバックアップが終了すると、下記のような画面が表示されます。

暗号化中』です。

実はこれが、凄く時間がかかります。

筆者は2TBの外付けハードディスクで、3,4日かかりました!
我慢強くバーを見ていると、ほんの少しずつ進んでいきますw
こればかりは仕方ありませんので、とにかく放置してください。

暗号化の途中でも、文頭で書いたとおり、差分のバックアップを取ってくれます。
終わると、また『暗号化中』に戻ります。

実に簡単にバックアップを取ってくれるのですが、最初だけ数日間の時間を要します。
それだけは、気長に待つしかありません!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です