恒例行事|iPhoneとApple Watchの高値買取のコツ

今年もこの時期がやってきました!
そう、新しいiPhoneの発売日です。

 

10年前から毎年

3Gからなので、かれこれ10年です。
筆者は毎年、ほぼ発売日に、手に入れてきました。

すると友人から「よくお金が持つね!」と当たり前のような質問が飛んできます。
実はその辺りは、うまくやっています。

そう、『下取り』『オークション』『友人に譲る』などを毎年行っているのです。
3Gや3Gsの頃は、市場があまりなかったので、未だに家に残っています
iPhone 4辺りから、それを始めました。

 

これさえ守れば

ただ、三つの気を使っていることがあります。

  1. 箱は押し入れなどに入れ、必ず置いておく。
  2. コードなどの備品は、そのままで使わない。
  3. 新しいiPhoneには、購入直後にフィルムとカバーを設置する。

結局、下取り業者などは、『箱が無い』『備品にキズがある』など、必死に悪いところを探し、値段を下げてきます。
もちろん、本体のキズなども然り。
そこを潰してしまうわけですw

すると、最高額で提示している値段で、買わざるを得ないのです。
送料ぐらいは、引いてきますけどねw

 

オークションでも

オークションでも『備品未使用』と書けるのは、大きいです。
また、『友人に譲る』ときも、新品のように見えるわけです。

ここまでして、毎年、買い換えないとダメなの?」と聞こえてきそうですが、Appleマニアの筆者としては、もう恒例行事なので、絶対なのですwww

さらに今年から、Apple Watchも加わりました。
最初は『2年に1度、買い換えていく予定』だったのですが、今年は大幅に機能が向上したので、AppleCareを1年残し、友人に譲ることにしました。

Apple Watchの場合は、iPhoneと同じく、『箱の保管』『備品の未使用』は同じで、『ベルトも未使用』にしています。
もちろん、Apple Watch本体にはカバーかフィルムを付けています。
これで完璧なわけですw

 

まとめ

今年の備品も、もう揃っています。
そして、『iPhone XS Max』と『Apple Watch Series 4』がまもなくやって来ます。
来たらすぐに、来年に向けて、上記のことを行います。

おそらくiPhoneとApple Watchが発売される限り、これを繰り返すことでしょうw

と言うことで、毎年の恒例行事のお話しでした。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です