Final Cut Pro X|ムービーをMPEG-4で書き出す方法

今日は『Final Cut Pro X』で、MPEG-4形式で書き出す方法を、紹介します。

Macを使っている方は、なじみのある形式『.mov』ですが、Windowsやネットではなかなか扱いにくいフォーマットです。
あと、画質はきれいなのですが、とにかくデータが大きくなるのが欠点。

そこで、データも小さく、画質もそこそこで、MacでもWindowsでも、非常に親和性の良いのが、『MPEG-4』です。

 

MPEG-4がない!?

ところが、Final Cut Pro Xで『MPEG-4』を書き出そうとすると、標準で見当たりません。
どのように設定するかというと・・・。

『ファイル』→『共有』→『マスター(デフォルト)』を選びます。

そして、『設定』のタブを選び、『フォーマット:』→『コンピュータ』を選びます。
そうすると、下記の画像の赤枠のように『MPEG-4 ムービー』が選ばれます。
なぜ『コンピュータ』なのか不明ですが、とにかく『MPEG-4』形式になりますw

『次へ」をクリックし、保存先を決めて、しばらく待てば、『MPEG-4」形式のデータのできあがりです。

Final Cut Pro Xも、もう少し書き出し部分が、充実してくれれば、迷うことは無いのですけどね。
これからのアップデートを期待しましょう。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です