ワイヤレス充電|レビュー:SoftBank SELECTION Wireless Charging Base for iPhone/Android(TM)

すでに『Qi規格』のワイヤレス充電は持っていたのですが、今回、SoftBankから発売された『SoftBank SELECTION Wireless Charging Base for iPhone/Android(TM)』を購入しました!
レビューおよび充電時間表を書きたいと思います。

  • 最大10W

前回購入したものは、『充電電力は7.5W』でしたが、今回のものは『最大10W」!

とは言っても、林檎8が所有している、『iPhone XS Max』は7.5Wまでしか対応していないので、実質は同じ。
今回は、将来に向けての先行投資の意味も入っています。

  • 斜めのポジション

それと、SoftBankのものは回転して、斜めにポジションも取れるので、ワイヤレス充電しながら、操作もしやすい。
フラットでは、少しやりにくかったので、ここもポイントですね。

  • ステージの質感

SoftBankのものは、ステージ表面が、ゴムのような質感になっており、簡単にはズレにくいようになっています。
ですので、斜めのポジションを取っても、滑り落ちる心配はありません。

  • 充電時間

実際に、目安になるよう、充電が落ちるまで、『iPhone XS Max』を使い切り、『時間』と『充電容量』を計測しました。

MEMO
なお、通常使っているのと同じ仕様で、『Wi-Fi』および『Bluetooth』はオンのままです。

  • 充電表

  •  5分で起動  2%
  •  10分    4%
  •  20分   10%
  •  30分   17%
  •  40分   22%
  •  50分   27%
  •  60分   33%
  •  70分   37%
  •  80分   44%
  •  90分   50%
  • 100分   56%
  • 110分   62%
  • 120分   68%
  • 130分   72%
  • 140分   77%
  • 150分   82%
  • 160分   88%
  • 170分   92%
  • 180分   96%
  • 190分   98%
  • 200分   99%
  • 204分  100%

 

  • まとめ

10分ごとに計るという、かなりマメなことをしました。
ちなみに電話やメールがほぼ入らない、午前2時から始めたため、寝落ちしないよう、キッチンタイマーをセットし、実験に挑みましたw

結果、約204分(約3時間24分)で順電が完了しました!
概ね、10分で5〜6%の充電結果となりました。
ただ、180分(3時間)を超えた辺りから、少し充電のペースが落ちました。
最後は、少しかかるようです。
この辺にリアリティがあるでしょwww

 

以上、『SoftBank SELECTION Wireless Charging Base for iPhone/Android(TM)』の充電時間とレビューでした。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です