アプリ|Twitterのアプリ『Tweetbot 5』レビュー

まいどー。
林檎8です。
今日はTwitterを読む、専用アプリ『Tweetbot 5』を紹介したいと思います。

iOS専用アプリ『Tweetbot 5』価格600円
iPhone、iPadの両方で使えます。
後で書きますが、両プラットフォームで見るのに凄く便利です。

 

Twitterアプリと何が違うの?

まず、標準のTwitterアプリと違うところを書いていきましょう!

  1. 広告が出ない
    標準アプリを使っていると、結構な確率で、広告が出ますよね。
    それが『Tweetbot 5』は全くでません。
  2. タイムラインが時系列に並ぶ
    標準アプリだと、たまに数時間前のTweetが上に来ていたりしますが、完全に時系列なので、書き込まれた順番に並びます。
  3. 他人の「いいね」した記事などが出ない
    標準アプリだと、他人が「いいね」した記事が出たりしますが、全くでません。
  4. 他人の会話がでない
    もちろん、フォローしている人のやりとりは時系列で出てきますが、標準アプリと違ってフローワーが他人と会話しているTweetもでません。

 

林檎8が一番気に入った機能

林檎8がこのアプリを見つけたときに、一番気に入った機能があります。
それは『iCloudでの同期』です。

林檎8のライフスタイルは、iPhoneで見たり、iPadで見たりと、気分によって変わります。
その時に「どこまで、タイムラインを見たっけ?」となりますが、『Tweetbot 5』では前述したとおり、iCloudにどこまで読んだか記憶され、同期されるのです

例えば、通勤時間帯はiPhoneで見て、家ではiPadで続きを読むという操作ができるわけです。

さらに言うと、別料金にはなりますが、Macでも『Tweetbot』が発売されていて、そちらでも同期が可能です。
Tweetbot 3 for Twitter』価格1,200円(英語版)

また、『Tweetbot 5』では、有機ELディスプレイ向きに『ダークモード』の黒が、より際立つようになりました。
2本指で、下にスワイプします。

 

まとめ

とにかく、時間軸で無駄を無くし、タイムラインを追いかけたい人には、非常に便利なアプリだと思います。

ただ、引用方法が標準アプリと異なり、「コメントを付けてリツイート」のような、Retweetしたい記事を別枠で出すような機能が無かったり、アンケート機能が使えない上に、答えられなかったりします。

これらの機能は興味が無い人には、最高のアプリと言っても過言ではありません。
現に林檎8は2の時代から、使っていますので!

Twitterに関わる時間を少しでも減らしたい人や、時系列でバッチリ見たいと思う方には、お勧めいたします。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です