iPhone|日本語入力ソフト『ATOK』ってやっぱり良いよ!

まいどー。
林檎8です。
今日は日本語入力ソフトのiOS用の『ATOK』(えいとっく)を紹介したいと思います。

 

ATOKって?

Macユーザーなら、ご存じの方も多いかも知れませんが、『一太郎』を販売している『ジャストシステム』から発売されている、『日本語入力ソフト』です。

昔は、標準の日本語入力も賢くなく、変換ミスや誤字が多かったのですが、そんな中、国産のジャストシステムが『ATOK』を開発されました。
さすが国産だけに賢い変換をしてくれます。

 

iOSのATOK

iOSの標準の日本語入力ソフトも決して、悪いわけではありませんが、ATOKはさらに『かゆいところに手が届く』アプリになっています。

もちろん、日本語の変換エンジンは素晴らしく、学習もドンドンしてくれます。

例えば他には

  • 全角のスペースが入力できる
  • 右や左へカーソルが移動できる
  • ミスタッチしても変換で補正してくれる
  • 文字削除で右文字が消せる
  • 文字削除で、センテンス毎に一気に消せる
  • 半角入力ができる
  • 連絡先と連携し、人の名前や地名が変換候補に出てくる

などがあります。(標準の変換ソフトでも、できることはあります)

また、入力方法に『フラワー入力』と言うものがあり、こちらもよく考えられています。
慣れれば、普通のフリック入力より、早く打つことができると思います。

 

Macとの連携

もし、Macで『ATOK』を使われている方は、『ATOK Sync」と言う機能で、Macで登録してきた単語を持ってくることができます。

また、Mac版は『ATOK for Mac』として発売されており、10台までインストール可能な月額形式になっています。
『広辞苑 第七版』『大辞林』の付いた辞書付きのモノもあり、林檎8はそちらを使っています。

 

林檎8が残念に思うこと

それはiPadでのキーボード配列です。

標準では、ほぼフルキーボードで打ちやすいのですが、ATOK版は簡易的なものになっています。

<標準のキーボード>

 

<ATOK>(2018年10月23日(火) 現在)

 

ただ、iPadでもフリック入力ができるので、両手持ちで、片手での文字入力も可能です。

 

まとめ

林檎8はもともとMacでATOKユーザーなので、やはり日本語入力の賢さに惹かれて、購入しました。
さすがの35年以上の実績だと思います。

ただ、1,600円というか各設定は、ATOKユーザーで無い人には、敷居が高いかも知れません。

購入の参考になれば、幸いです。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です