COOLPIX P1000で「バージョン情報」がグレーアウト(選べない・反転)したときの対処法

まいどー。
林檎8です。
今日は『COOLPIX P1000で』の『バージョン情報』がグレーアウト(選べない・反転)したときの対処法を、紹介します。

いきさつ

林檎8が気づいたのは、ファームウェアをバージョンアップしようとしたときでした。

バージョン情報を確認し、SDカードにファームウェアのフォルダを入れ、『バージョン情報』を選ぼうとしたとき、なぜか『グレーアウト』(選べない・反転)していたのです。

他にも『カードの初期化』と『設定クリアー』がグレーアウトしていました。

仕方が無く、Macの方でSDカードを初期化し、カメラ側で再び初期化をしましたが、『グレーアウト』して、選べませんでした。

 

対処法

対処法は、実に簡単でした。

menuボタンを押し、『通信メニュー』を選び、『機内モード』をONにするだけで、グレーアウトが直りました。

そして、ファームウェアのバージョンアップは無事に成功しました。

注意
機内モードをOFFにするのを忘れないように!

 

まとめ

機内モードをまたOFFにすると、知らぬ間にまたグレーアウトしていました。
原因はわかりませんが、機内モードで通信を遮断することが重要なようです。

参考になれば、幸いです。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です