iPhone|リマインダーの基礎の基礎

まいどー。
林檎8です。

今回は、リマインダーの基礎の基礎を書いていきたいと思います。
せっかくの便利な機能なのに、使わない手はありませんので!

 

リマインダーって?

簡単に書くと、『やるべき事』をメモするアプリです。

例えば、買い物などに出かけるときに、買い忘れが無いようにあらかじめ入力していき、チェックボタンを押して、買ったものを消していくわけです。

他にも、日時を設定することができ、『締め切り』なども忘れないように、通知で知らせてくれます。

 

リマインダーの基本操作

『リスト』を作り、『リマインダー』を入れていくのが、基本操作になります。

MEMO
最初は細かくリスト分けをしなくても、リマインダーを打ち込むだけでOK!

 

ちなみに林檎8は、こんな『リスト』を作り、管理しています。
左の文字が『リスト』で右が『リマインダー数』と言うことです。

 

『リスト』をクリックすると、『リマインダー』が出てきます。

 

『リスト』『リマインダー』を作り始めよう

『リマインダー』のアイコンを開き、右上の『+』ボタンを押します。

 

すると下部に『新規作成』に『リマインダー』と『リスト』が出てきます。

 

続いて、『リスト』をタップしましょう。

「新規リスト」のところに、『リスト名』を入れましょう。
今回は『今日行うこと』と入力し、下部にある好きなカラーを選び、完了を押します。

 

すると、下記の画面になりますので、左にある『+』の横をタップし、今日やるべき事を入力します。

簡単な使い方としては、こんな感じです。

各々のリマインダーが終わったら、○をチェックしていく、流れですね。

 

期限を設定してみよう

続いて、アラームを設定してみましょう。

『部屋の掃除』をタップすると、右側に下記のようなアイコンが出てくるので、タップします。

 

下記の画面が出てきます。
『指定日時で通知』をONにし、『アラーム』を設定します。

 

これで、指定の時間になれば、通知が表示されます。

MEMO
Apple Watchにも、通知が来ます。

 

さらに応用

リマインダーの『部屋の掃除』を『毎週』の設定にしましょう。

『繰り返し』をタップします。

 

毎週をタップします。

 

これで毎週、設定になり、『完了』をタップすればOKです。

 

下記のような表示に変わります。

 

MEMO
カスタム設定を使えば、『3ヶ月後』や『毎月第1日曜日』など、細かい『繰り返し』設定も可能です。

 

まとめ

リマインダーは使い始めると、欠かせないアプリになります。
例えば、林檎8は下記のようなことを設定しています。

  • バックアップを行う
  • プリンタのインクの在庫確認
  • 確定申告
  • 火災報知器のチェック
  • 免許の更新日
  • 国民年金の支払日
  • 自動車税の支払日
  • 生命保険の支払日

などなど、入力してあります。
正直、消えてしまうと、やばそうなモノもあったりします。(笑)

みなさんも、ぜひ『リマインダー』アプリを使いこなすことをお勧めします。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です