iPhone・iPad|必須!iTunesでのバックアップの仕方

まいどー。
林檎8です。

今回は、iPhoneやiPadのバックアップを取る方法を書いていきます。
バックアップは必須です。
忘れた頃に、無くしたり、故障したりする悲劇がやって来ます。
特に写真を撮る方は、必ずバックアップを取っておきましょう!

 

iTunesを起動する

まず、iTunesを起動するところから、始まります。
Macを使っている人は、標準でiTunesが入っていると思いますが、Windowsを使われている方は、こちらからダウンロードしましょう。

MEMO
iTunesのバージョンは最新にしておくことをお勧めします。
参照ページはこちら

 

パソコンとiPhoneまたはiPadをつなぐ

iPhoneやiPadに同梱されている、ケーブルをパソコンと繋ぎます。
USBケーブルなので、ほとんどのパソコンに繋ぐことができます。

注意
最近のMacはUSB Type Cに端子が変わってきていますので、別途ケーブルが必要なときがあります。

 

iTunesで接続確認

接続すると、右上のメニューの辺りに下記のマークが出てきます。

青の四角のところの『デバイス』に、接続したiPhoneまたはiPadが表示されます。
赤い四角のところに、下記のマークが表示されます。

赤いマークで囲まれたところを、クリックします。

 

すると、下記の画面が表示されます。

バックアップ』のメニューのところにある、「このコンピュータ」にチェックを入れ、赤く囲ったところの『今すぐバックアップ』をクリックします。

初回のバックアップや、写真やアプリが多い場合は数分間、時間を要します。
上のAppleマークのところに、『進行状況のバー』が表示されます。

注意
体重や血圧などのヘルスデータを利用している方は、『iPhoneのバックアップのを暗号化』にチェックを入れましょう。

 

まとめ

以上で、iPhoneやiPadのバックアップ作業が終了です。
左上に出ている、「△マークを」クリックすれば、iPhoneを取り外すことができます。
くれぐれも、バックアップが進行中に、取り外したりしないようにしてください。

バックアップは最低でも1週間に1度は取っておくようにしましょう。
今や、スマホに入っているデータは、自分の資産のようなモノです。
紛失したり、故障したりすると、死活問題になる場合もあります。

ちなみに林檎8は、毎日、起床直後にケーブルを繋ぎ、バックアップを取っています。
念には念を入れています。

 

また、今回は紹介しませんでしたが、iCloudの方で、自動的にバックアップを取ることができます。
ただし、無料は5GBまでなので、写真や動画を多用されている方は、すぐに有料版に移行する必要になります。
その点パソコンでのバックアップは、容量に余裕がある限り無料ですので、お勧めです。

みなさんもバックアップは、癖づけるようにしてくださいね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です