Mac|知っておこう!Mac版Safariの小技

まいどー!
林檎8です。

今日は、Mac版のSafariの知っておくと便利な機能を紹介します。

 

開発メニュー

メニューに『開発』を出すやり方です。
一般的には、あまり使わないかも知れませんが、『キャッシュを空にする』は、よく使うので表示させておいても損は無いと思います。

出し方は、メニューの『Safari』から『環境設定』を選択。
タブの『詳細』を選び、下記の赤枠の『メニューバーに”開発”メニューを表示』にチェックを入れます。

チェックを入れることにより、メニューバーの『ブックマーク』と『ウインドウ』の間に『開発』メニューが表示されます。

 

他にも、Webデザイナーの方であれば、『レスポンシブル・デザイン・モードにする』も、便利な機能です。
iPhoneやiPadでどのように見えるか、プレビューをすることができます。

 

お気に入りバー

メニューバーの『表示』から、『お気に入りバーを表示する』をオンにすることにより、Safariのウインドウの上部に、『お気に入り』が表示されるようになります。
もちろん、サイドバーを開いても良いのですが、横に場所を取るので、林檎8は主にお気に入りバーを使っています。

これがなかなか便利な機能で、『ワンクリック』で、そのページへ飛べるのはもちろんのこと、フォルダにお気に入りを入れ『下矢印』を押すと、下記のように表示され、表示したいサイトへ飛べるわけです。

また、一番下の『新規タブで開く』を使うと、フォルダ内に入っているページが全て開かれる仕組みになっています。

 

さらに、フォルダにお気に入りが入っている名前の上で、マウスなら『右ボタン』またはトラックパッドなら『2本指で』クリックすることにより、下記の表示が出ます。

ダブを自動的に置き換える』を選択すると、下記のような四角のボタンになります。

こうしておくと『ニュース』をワンクリックするだけで、中に入っているお気に入りが、タブで一気に表示されるようになります。
毎回巡回するサイトが決まっている人は、これを使うと、非常に効率的です。

 

まとめ

今日は二つの小技を紹介しました。
意外と知らない機能がSafariには満載なので、メニューバーの表示などをもう一度見直すと、良いかも知れませんよ!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です