iPhone・iPad|iPhoneやiPadを探す!(パソコン編)

まいどー!
林檎8です。

今日は、万が一、iPhoneを無くしてしまったときの対処法の『パソコン編』を紹介します。
なお、iCloudを設定しているiPhoneが条件で、『iPhoneを探す』がオンになっていないとダメです。
設定していない方は、Appleのホームページを見て、設定してください。

注意
いつなんどき、故障や紛失があるかわかりません。
バックアップは必ず、取っておきましょう。
参照:iPhone・iPad|必須!iTunesでのバックアップの仕方

 

最初に

パソコンのブラウザで下記のURLを開きます。

https://www.icloud.com/#find

MEMO
iPhoneで探す場合は、iPhone編をご覧ください。

 

iCloudのメールアドレス(Apple ID)とパスワードを入力します。

 

※ここでログインできた方は、下記の「ログインしたら」をご覧ください。

『2ファクタ認証』を設定している場合は、下記の画面が表示されます。
許可を押して、6桁の数字を入力します。

 

ログインしたら

ログインをしたら、下記の画面が表示されます。
赤色で囲った『iPhoneを探す』をクリックします。

MEMO
ちなみにこの画面ではご覧の通り、メール、連絡先、カレンダーなども見ることができます。

 

『iPhoneを探す』をクリックすると、下記の画面が表示されます。

 

『すべてのデバイス』をクリックし、『iPhone』を選択します。

 

すると、iPhoneの場所が表示されます。

 

iPhoneを見つけたら

下記の選択肢が選べます。

  • サウンド再生
  • 紛失モード
  • iPhoneを消去

サウンド再生
自宅にある場合は、『サウンド再生』を選びましょう。
どこかから、音が聞こえてくるはずです。

紛失モード>(Appleのホームページを抜粋)
画面にカスタムメッセージを表示できます。たとえば、紛失したデバイスであることや連絡方法などの情報を表示することができます。
メッセージや通知の受信時や、アラームの作動時には、デバイスでアラートの表示やサウンドの再生は行われません。電話やFaceTime通話が着信した場合も引き続き受けることが可能です。

iPhoneを消去
その名の通り、ロックなどをしていない場合は、個人情報がまる見えになりますから、ためらわず選びましょう。
(そのためにも、バックアップは必要です)

ただし、電源を切られている場合は、どうにもなりません。

 

まとめ

いろいろ説明してきましたが、結局のところ、事前に準備しておくことが大事です。
非常に面倒ですが、設定しておかないと、どうにもなりません。

今や、スマホは必需品で、無くなると死活問題です。
そうなったときに慌てないよう、iCloudを設定し、『iPhoneを探す』をオンにしておきましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です