iPhone|カメラ・写真の小技(基本編)

まいどー!
林檎8です。

今日は撮影した写真を使った、小技(基本編)のご紹介。

 

撮影前に

基本的に、写真は『GPS』付きで、撮っておく方が、良いと林檎8は考えています。
位置情報がわかる方が、あとで検索しやすい上、日付や場所が登録され、思い出しやすいからです。

もちろん、Twitter、Facebook、ブログなどに使う場合は、各アプリの『設定』で、『位置情報の削除』をしておくことを忘れずに。

 

位置情報の設定

それでは、位置情報が写真に記録できるよう、設定しましょう。

MEMO
iOS 12.1.1で説明しています。
バージョンが古い場合は、『iPhone・iPad|iOSのアップデート(バージョンアップ)の方法』をご参照ください。

iPhoneの『設定』→『プライバシー』→『位置情報』→『カメラ』の『このAppの使用中のみ許可』にチェックが入っていることを、確認しましょう。

 

撮影後

撮影後、iPhoneとMacの『iCloud』が連携していれば、Wi-Fi環境の場所(自宅)などに着くと、Macの『写真』と言うアプリケーションに、自動的に写真がコピーされます。

 

また、iPadでもiCloudを設定しておくと、『マイフォトストーム』として、1,000枚まで、写真の共有ができます。(1,000枚を超えると、自動的に古い写真から、削除されます。

MEMO
iCloudの設定はこちらをご参照ください。

 

写真の活用

続いて、撮影した写真を活用していきましょう。

ホーム画面のアプリから『写真』をタップし、下部のメニューの『写真』をタップしましょう。
すると、撮影した日にち毎に、写真が並んでいます。

 

続いて、適当な写真をタップし、アップにします。
下記の赤い枠で囲った部分の説明をします。

一番左のマークをタップします。
下記の赤い枠内に、連動するアプリが出てきます。
例えば、メールでこの写真を送りたい場合は、メールをタップすると、『メール』アプリが自動的に開き、写真が送れます。

MEMO
ここに出てくるアプリ群は、人によって違います。

 

続いて、真ん中の『ハートマーク』。
これは、特に気に入った写真をマイアルバムの『お気に入り』に入れておくことができます。

MEMO
近日公開の応用編で詳しく説明します。

 

一番右の『ゴミ箱』マークは、その通り、写真を削除します。

 

まとめ

『写真』アプリは、できることが多く、今日は基本的な使い方のみ、説明いたしました。

(応用編)では、さらに掘り下げて、写真の管理を書いていきたいと思います。

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です